01

​THREE ANGEL FARM

東京牛乳生産者 おいしく上質な生乳を生産

気軽で気さくな体験型里山牧場を目指す。まだまだ施設整備もできてないのだけれど。

三神牧場の牛舎に入ると寝転んでいる牛が多いのに気づく。

 

朝の搾乳の後食事をして、その後は寝転んで反芻している状態が一番良く乳を出すんです。今頃の時間には、全頭寝ているのが理想です。子供の頃、食後にゴロゴロしていると、親から「食べて寝てると牛になるよ!」と叱られたが、この説明で何だか納得でしょ!?

 

東京牛乳の生産牧場の三神牧場。みんなに“おいしい、甘い”と言ってもらえると嬉しいです。成分も良いので自分も良い乳を生産するために日々精進。プレッシャーもあるけど気合いも入りますね。自分も常日頃からおいしい生乳を生産できるよう気合いを入れています。

mb_look_under010
mb_top_slider05
mb_top_slider04
mb_top_slider03
mb_top_slider02_edited
mb_look_slide03_edited
mb_look_under002_edited
mb_look_under004_edited

02

​THREE ANGEL FARM

三神牧場の歩み

昭和27年創業。爺ちゃんと婆ちゃんが始めたこの牧場。

 

自然との暮らし。動物や植物のいのちに日々感謝して過ごす。
 

豊かな緑に囲まれ、急な坂道を登ったその上に三神牧場は位置する。この牧場は三神家、家族一丸となり運営している。約40頭の牛を飼育している。

昭和40年頃に爺ちゃん婆ちゃんが始めた牧場。昭和60年頃に息子の私も一緒にやるようになった。かあちゃんは、初め従業員として牧場に来たのがいつの間にか嫁さんに! という職場結婚。
私は、牛を産業動物としてとらえているが、かあちゃんはペット的な意識が抜けなくて名前で呼んでしまう。写真で私たち夫婦にはさまれているのはイボンヌ。フランスシリーズのときの牛? 他にも宝石シリーズで命名していた時のルビーや、職場体験で来た中学生の女の子が名付け親の「1年3組ゆかり」ちゃんという牛も居る。 

​日々の暮らしに、常に楽しみを見つけながら暮らしています。

© 2019 三神牧場 All Right Reserved.

  • Facebook Social Icon